競技規定 general rules and penalties

主要競技規定

  1. 東南戦。25,000点持ち30,000点返し。オカは全てトップが取得する。
  2. 喰いタン後付け有。平和ツモあり。一発・赤(各1枚)・裏ドラ・槓ドラ・槓裏ドラ有。槓ドラは即めくり。
  3. 順位点は10,000点-20,000点。同着の場合、オカ・順位点・供託は上家取りとする。
  4. 持ち点が0点を割った場合は、トップ者から1万点単位で点棒を借り、その旨記録して進行。
  5. 一本場は300点。流局時は、場に3,000点。ダブロン有、親権、積棒は上家取り。
  6. フリテン立直可。但し、フリテン立直後のロン和了不可、ツモ和了可。ツモ番の無い立直可。
  7. 途中流局有。九種九牌、四風子連打、四人立直、トリプルロン、四開槓。全て親連荘の一本場。
  8. オーラスの親は、1着の場合に限り、聴牌・和了のどちらでも終了選択可。(聴牌止め可)
  9. オーラス流局時の親がノーテンの際、供託はトップ者が獲得する。同着の場合は、上家取り。
  10. 親は、聴牌連荘。途中流局時も連荘。
  11. 空行為は1,000点を供託して続行、錯行為は和了放棄とする。
  12. 30符4翻、60符3翻は切上げ満貫とする。
  13. 流し満貫有。鳴かず、鳴かれない状態で流局した場合、手牌に関係なく成立。満貫和了の扱い。
  14. 役満は四倍満とし、一切の複合を認めない。
  15. 喰い替え不可。錯行為と同様に扱い、和了放棄とする。
  16. 人和は4翻役とし、他の役と複合する。
  17. 大明槓による嶺上開花は、責任払いとしない。
  18. 大三元、大四喜、四槓子を確定させた者は包とする。大三元、大四喜の槓による確定は、認めない。包は自摸和了で全額、他家放銃で半額に積棒を加えた支払いとする。
  19. 十三么九(国士無双)は暗槓による槍槓和了可。
  20. 緑一色は和了に發を必要としない。

罰則規定

  1. チョンボは3,000点オールの支払いとし、その局は無かったものとする。
  2. 和了放棄は、全てノーテン扱いとし、その後の仕掛けを認めない。
  3. ノーテン立直は流局時チョンボとする。手牌を公開する義務はない。
  4. 空ポン、空チー、空カンは1,000点供託して続行、錯ポン、錯チー、錯カンは和了放棄とする。
    但し、錯行為は、打牌が完了するまで、空行為とみなす。
  5. 誤ロン・誤ツモは和了放棄。但し、手牌を開いた場合はチョンボとする。
  6. 立直後の誤発声は和了放棄とし、流局時ノーテン扱いとなるが、チョンボとはならない。
  7. 多牌・少牌は和了放棄とする。
  8. 立直は、打牌前であれば取消が可能。但し、供託前であっても1,000点供託とする。
  9. 審判が「煽り」「三味線」に相当する行為と判断した場合は、錯和とする。
  10. その他、規定外の罰則は審判の裁定を優先する。審判長以外に対して対局者が抗告した場合、3当事者にて事情を聴取し、審判長の最終判断とする。

規定補足

  1. 特例を除き、親は自7で山を切り出すこと。
  2. 積棒は、100点棒を使用して表示すること。(5本場の場合は500点棒、10本場の場合は1000点棒の使用も可)
  3. 赤牌は、色覚異常等に対応するため、刻印のあるものを優先して使用する。
  4. 予選最終戦などで、対局者以外から得点等に関する情報等を譲受することは禁止する。
  5. 空行為とは「発声があったが副露していないこと」。錯行為とは「発声があり、副露したが、それが正確ではないこと」をいう。副露とは、打牌を完了した際に成立する。
  6. 対局者は、ノーテン立直による終局後チョンボや和了放棄等が確定したとしても、終局するまで平常通り対局に臨む義務を有する。
  7. 「大三元を確定させ包が適用された後、字一色と複合して他家が放銃した場合の支払い方法」などが煩雑となるため、役満は純粋であっても複合を認めないのが妥当である。
  8. 四槓子を除き、槓による役満確定は、競技制を損ね、対局者同士のトラブルを引き起こす可能性が高い。
  9. ノーテン立直者に手牌を公開させる行為は、終局時の手牌解説と同様に悪質である。
  10. 少牌は、取り戻すことができない。
  11. 箱割れは、競技性を損ねるため、採用しない。
  12. 流し満貫の二家和は認め、積棒は(親に近い者の)頭ハネとする。
  13. 打ち切り後のチョンボは続行とする。

2014年4月1日 制定・施行